引っ越しは決断が大事です。

豊富な天然資源と2億人を超える人口を持つインドネシアに、世界各国の企業がビジネスチャンスを求めて進出しています。引越が決まったら複数業者に見積もり依頼を忘れずに。日系企業も例外ではなく、首都ジャカルタには2013年時点で7000人程の日本人が住んでいると言われています。ジャカルタの街中には、高層ビルが乱立しており、それらのビル群はオフィスビルか外国人向けの高級アパートになっています。日本からジャカルタに引っ越しをする際には日本人が経営している不動産会社を利用するのが一般的です。現在は日系不動産会社が5社ほど存在しているので、言葉に困ることはありませんし国際引っ越しのアドバイスをしてくれます。ただし、仲介手数料が割高になるので現地にコネクションがない新規の企業が利用するのが一般的です。すでに何十年も現地で操業している大企業になると地元のエージェントを通して手配するのが一般的で、手数料も安くなります。日本とインドネシアの引っ越しの大きな違いは、部屋を契約したら衣類を持って行けばすぐに入居できるということです。家賃の相場にもよりますが日本円で20万円程度のアパートに住むのが駐在員の相場になっているので、日本と比較しても家賃は高額と言えます。高級アパートメントになれば、エージェントを通して部屋を所有しているオーナーに必要な物や欲しい物をそろえてくれます。洗濯機や冷蔵庫などの家電製品を自分で購入する必要はなく、経年劣化で古くなっていれば新しいものと交換もしてくれます。食卓やソファーなども自分の好みと合わなければ希望を考慮してそろえてくれます。ベッドももちろん備え付けで、マスタールームはキングサイズ、来客用の部屋もクイーンサイズのベッドがあるのが一般的な仕様になっています。更には食器類も備え付けられているので、自分の身と切る物さえあればすぐに生活ができるようになっているのです。賃貸物件で生活を始めるには日本では家具家電一式を購入しなければなりませんし、引っ越しの際にも荷物を考慮して物件を選ばなければなりませんが、インドネシアの富裕層向け物件はそのような悩みは無用です。自宅は24時間セキュリティが常駐し、共有ルームは一日に3度清掃を行い常に清潔にされています。各フロアにゴミ置き場があり、いつでも好きな時にゴミを出していいのです。ゴミ分別の必要がないのも日本とは大きな違いでもあります。どこのアパートにもプール・ジム・サウナ・テニスコートがついているのは当たり前のことで住人であれば無料で利用することができます。

MENU

引っ越しは決断が大事です。
引っ越し料金を安くするテクニック
お得に引っ越しをするコツ