トップ / 印刷会社に関する知識

印刷会社に関する知識

印刷会社の営業とは

ラッピング

印刷会社の営業方法について

印刷会社の営業品目は主として雑誌や書籍、パンフレットやカタログ、チラシ、また伝票や名刺、封筒、ハガキにいたるまで種々様々あります。そしてその得意先は年賀状等のハガキをのぞけばそのほとんどが出版社や役所、役場、病院や学校、スーパー、デパート等の法人が殆どになります。よって印刷会社としては、その法人の発注担当者とより懇意になり他社へ逃げるのを防ぐという手法がお互いメリットがあり重要です。勿論新規開拓して得意先を増やしていくことは大切ですが、ルート営業は慣れた会社と担当者同士が仕事のこなしもよく効率的で双方にメリットあるやり方です。

プリント会社はルート営業が基本

印刷会社の営業は、ルート営業が基本です。決まった顧客を日々回り、御用聞きをするスタイルが主流です。長く付き合っているほど、顧客企業の制作物にどんなものがあるか、どんな特徴があるのかということもよくわかり、それが顧客にとっても安心につながります。しかし、最近では新規顧客獲得に力を入れたり、積極的に企画提案を行ったりと、攻めの営業スタイルの印刷会社も増えてきました。価格競争が進み、顧客の奪い合いが激しくなってきています。顧客側のコストに対する見方が厳しくなり、相見積もりやプレゼンなどで業者を選定する企業も増えており、業界の変革が迫られています。

↑PAGE TOP