トップ / 時と場合によった印刷のフォント

時と場合によった印刷のフォント

文字の印刷で意識

ラッピング

印刷するフォントについて

私たちが生活を営んでいる日常には、数多くの言葉が溢れています。その目に見える言葉は印刷されたもので、必ず何らかのフォントに属しています。こうした言葉で、必ず表現されるフォントは選択の仕方によって与える印象が大きく変化するものです。新聞のように、ありのままの状況を正確に伝えたいのであれば明朝体が適しています。また、子供に親しみを持ってもらいたい場合は丸みを帯びたポップ体などが適しています。さらに、真面目な事柄でも相手に不快感を与えたくない場合もポップ体などの柔らかい雰囲気の印刷文字を選ぶと良いでしょう。

ビジネス文書のフォント

最近のオフィスは、デジタル化が顕著です。かつては手作業だった書類作成も今ではパソコンとワープロソフトが主流です。ビジネスの資料なども今ではパソコンソフトで制作し、それを印刷して配布するのが基本となりました。ただ気軽に制作出来るようになったからこそ、資料作成者にはセンスが求められます。例えば妙に凝ったフォントでは、せっかくの資料が読みづらくなります。日本語はカタカナ、ひらがな、漢字、英単語が混じる複雑なものです。フォントはゴシックやシンプルな明朝体などを印刷では優先的に採用しましょう。ポップな字体や筆文字のような字体は、ビジネス文書には不向きです。

↑PAGE TOP